文字サイズ 標準

特徴

・変風量ユニットVAVとはVariable Air Volume、定風量ユニットとはConstant Air Volumeの略で、静圧が変化しても常に指定(VAV)の、あるいは一定(CAV)の風量に制御する装置です.

・差圧式センサ(ピトー管)はダクト内の多点風速を測定するため、正確な風量制御を行います。
またダンパからの取り外しが容易であり、洗浄が可能な構造となっております。

・軸受け部は、軸受カラー(SUS製)及び密封型のボールベアリングを使用する事で、油分による腐食に対応してます。

【測定原理】
ピトー管方式の場合は風上側に全圧の測定口、風下側に静圧の測定口を設けその差圧を測定します。
圧力には「全圧 = 動圧 + 静圧」の関係があり
ピトー管に発生する差圧は上記の関係より「差圧(動圧) = 全圧 - 静圧」となり
この動圧は「風速 = C√差圧 :Cは流量係数」の様な風速との関係となります。
角ダンパや大型ダクトの場合は多点で風速を測定し、平均化する必要があります。ピトー管方式であれば、
この差圧測定口を多数設けることで差圧が平均化されるため、増やすことでダクト内の風速を容易に測定する事ができます。

仕様

ダンパ仕様

型式 KVA/KCA 5200シリーズ
ダンパサイズ 150W×150H~1200W×1200H(特型サイズにつきましては御相談ください)
ダンパ材質 SUS各種対応可能

コントローラ仕様

電源 AC24V±10% 50/60Hz
アナログ入力 風量指令0~10V、4~20mA(VAV)
接点入力 ①風量設定切替(CAV、SP値4点設定可能)
②制御停止指令
③ダンパ全閉指令
④ダンパ全開指令
接点出力 接点容量 AC/DC60V 400mA
①ダンパ全開接点出力(オプション)     
②ダンパ全閉接点出力(オプション)
③状態出力(制御状態時ON・制御停止時OFF)(オプション)
④故障出力(故障の他、電源OFF時ONとなります。)(オプション)
アナログ出力 風速出力 4~20mA(0~10m/s)他 0~10V等
ダンパ開度出力(オプション)0~10V等       
使用環境 温度0~50℃  湿度20~80%(但し結露しないこと)
通信  RS485(Modbus RTU)

【制御特性】

●風量制御特性

風量制御特性グラフ(VAVユニットサイズ:500W×500H)

① VAVの羽根を全開状態にし、風速7m/sで送風機を固定する

② 設定風速を2m/sにし、制御を行う

③ 風速2m/sから風速5m/sに設定変更し制御を行う

 

 

【姿図】