文字サイズ 標準

特徴

・変風量ユニットVAVとはVariable Air Volume、定風量ユニットとはConstant Air Volumeの略で、静圧が変化しても常に指定(VAV)の、あるいは一定(CAV)の風量に制御する装置です。

・風量制御ダンパはダンパ内のオリフィス又はピトー管に発生する差圧を風速・風量に変換し、ダクト内の風量を一定に保つ様に制御します。

・差圧方式風速センサはスタンダードな流速計の一つであり、構造がシンプルで高い信頼性を備えています。

・上向き、下向き、水平、斜めなどあらゆる気流方向に対応できます。

【測定原理】

オリフィス方式の場合はダンパ内の内周に沿ったリングを設けその前後差圧を測定します。この場合風上側が全圧、風下側が静圧となります ピトー管方式の場合は風上側に全圧の測定口、風下側に静圧の測定口を設けその差圧を測定します。 圧力には「全圧 = 動圧 + 静圧」の関係があり オリフィスやピトー管に発生する差圧は上記の関係より「差圧(動圧) = 全圧 - 静圧」 となり この動圧は「風速 = C√差圧 :Cは流量係数」 の様な風速との関係となります。 角ダンパや大型ダクトの場合は多点で風速を測定し、平均化する必要があります。ピトー管方式であれば、 この差圧測定口を多数設けることで差圧が平均化されるため、増やすことで、ダクト内の風速を容易に測定する事ができます

 

仕様

ダンパ仕様

型式 KVA/KCA 5000シリーズ
ダンパサイズ φ100~φ350・150W×150H~1200W×1000H(その他、特型サイズにつきましては御相談ください)
ダンパ材質 SUS、塩ビ、塗装も各種対応可能
ダンパ性能 内外高気密仕様

コントローラ仕様

電源 AC24V±10% 50/60Hz
アナログ入力 風量指令0~10V、4~20mA(VAV)
接点入力 ①風量設定切替(CAV、SP値4点設定可能)
②制御停止指令
③ダンパ全閉指令
④ダンパ全開指令
接点出力 接点容量 AC/DC60V 400mA
①ダンパ全開接点出力(オプション)     
②ダンパ全閉接点出力(オプション)
③状態出力(制御状態時ON・制御停止時OFF)(オプション)
④故障出力(故障の他、電源OFF時ONとなります。)(オプション)
アナログ出力 風速出力 4~20mA(0~10m/s)他 0~10V等
ダンパ開度出力(オプション)0~10V等       
使用環境 温度0~50℃  湿度20~80%(但し結露しないこと)
通信  RS485(Modbus RTU)

【定風量特性】

 

【処理風量範囲】

 

 

【姿図】

【角型】

 

【丸型】