文字サイズ 標準

特徴

・フローメータではユニット内のオリフィスリング又はピトー管の差圧を風速に換算することで、風量を計測します
・オリフィスリングでは4点の平均、ピトー管では多点による平均差圧を測定することで、安定した風量の計測が可能となっています。
・差圧から風量に変換を行う演算器を標準装備。風量のデジタル表示や4-20mA等の外部出力も可能です。

【風量検出部】

仕様

ダンパ仕様

型式 KFSC50(丸)、KFSC51(角)
ダンパサイズ φ100~φ400・200W×200H~700W×700H(その他、特型サイズにつきましては御相談ください)
ダンパ材質 SUS、塩ビ、塗装も各種対応可能

コントローラ仕様

風速計測範囲 1~10m/s(5%FS)
電源 AC24V±10% 50/60Hz
表示 7segLED 4桁×2行
上段(緑表示)ダンパーサイズ
下段(赤表示)計測風量 ・ 計測風速 ・ 計測差圧
操作スイッチ UP・SET・DOWN 3点
接点出力 接点容量 AC/DC60V 400mA
 ①上限警報     
 ②下限警報
 ③故障出力(故障の他、電源OFF時ONとなります。)
アナログ出力 風速出力 4~20mA(0~10m/s)他 0~10V等
使用環境 温度0~50℃  湿度20~80%(但し結露しないこと)

【姿図】

【角型】

 

 

【丸型】

 

 

【必要直管】

ユニットが正確に風速を検出可能な直管部を設けます。