文字サイズ 標準

特徴

・本機は給排気風量の制御を行う高速タイプのVAV(CAV)です。静圧が変化しても常に指定(VAV)の、あるいは一定(CAV)の風量に制御する装置です。ドラフトチャンバー等の局所排気装置への対応が可能です。

・風量センサは差圧式の為、高精度、高速応答です。

・差圧方式風速センサはスタンダードな流速計の一つであり、構造がシンプルで高い信頼性を備えています。

・上向き、下向き、水平、斜めなどあらゆる気流方向に対応できます。

【ドラフトチャンバー対応】

ヒュームフードコントローラとの組み合わせにより、ヒュームフード(別途)の排気風量制御に対応可能です。
①サッシュセンサより、制御したい開口面風速に相当するダクト風量をヒュームフードコントローラで算出。
②VAV差圧センサにより、現在風量検出。
③PID演算により、VAVダンパ開度指令値算出し開口部の面風速を一定に保ちます。
④ヒュームフードモニタにより面速及び各種警報の確認が可能。

仕様

仕様

型式 KVAH 3000-PL(VAV)/KCAH3000-PL(CAV)
ダンパサイズ φ100~φ350・150W×150H~700W×700H(その他、特型サイズにつきましては御相談ください)
ダンパ材質 SUS、塩ビ、塗装も各種対応可能

コントローラ仕様

差圧計測範囲 0~300Pa
電源 AC24V±10% 50/60Hz AC100V※オプション
アナログ入力 0-10V(ドラフトチャンバー用:サッシュセンサ10kΩ)

使用環境 温度0~50℃  湿度20~80%(但し結露しないこと)

【定風量特性】

 

 

【姿図】

【角型】

 

 

【丸型】